2017年02月10日

インフルエンザ休みの独り言


庄内に来て、風邪をひかないことが自慢だったけれど

7年目にして「風邪ひいた??」と思ったらインフルエンザだった

7年前の3月、引越しの日もインフルエンザにかかり、友人が引越ししてくれた

久々に体調崩したなあって思ったら



いつも、ずっと張り詰めていて張り詰めていて

大きなプレッシャーが終わったとき、ホッとして

体調を崩すことが多いことに気づいた


この2年確かに頑張ったな

慣れない大学という場所で

学者のキャリアなんて無いのに、笑顔で歯を食いしばって

決まり文句「負けるもんか!」って


庄内に来て、毎年毎回新しいことへの挑戦が続き

同じことをやった試しなんてまったくなくて

毎日が一年生みたいで、いったい自分は何歳なんだろうって想う日々



傍から見ると、自信満々に見えるのかな、余裕に見えるのかな

でも、やったことのない仕事ばかりだから本人は毎回緊張していて

だから必死に準備して、勉強してる


昨年の日本語教師と

2年間の修士論文、色々事情があって始めたことだけに

本当、疲れたな、よく頑張り通したって思う



だからホッとしてインフルエンザになったようだけれど

5日間も安静にといわれ、「ゆっくりするって??」何をすればいいのかわからなくて

逆に、疲れてしまって、どうしようもない性格だなってつくずく思った



5日休むと、なんとなく思い始めた

「最近の私は努力が足りない、頑張ってないな」と


これも病気なのかな


今日は、単なる独り言












この記事へのコメント
奇遇ですね、馬鹿は風邪を引かないなんていいますが、40度を超える熱で病院に行ったらA型ですと言われました。
何事も程ほどにが信条なのですが、今回はちとやり過ぎたかと反省。
Posted by PM at 2017年02月10日 23:30
私も風邪ひかないのが自慢だったのに。でも、今回はあまり熱は出ませんでした。40度はキツイですね。どうぞお大事に。
Posted by ひろぴ at 2017年02月11日 22:09
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。