スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2015年11月25日

4歳の舞名人!

11月11日 遊佐町にて講演をしましたが

その後の懇親会で舞台に登場した4歳の坊やの舞に

目が釘付けになりました。



表情の可愛らしさ

足さばきの色っぽさ

扇子を扱う手のしなやかさ


どれをとっても驚愕の舞でした

FBでは既にアップしているのですが、ブログでもご紹介させてください。

https://youtu.be/tVZP0pHe9qk
  


Posted by ひろぴ at 08:00Comments(0)

2015年11月23日

やっぱり仕事はやめられない

ご無沙汰しております。


このブログは私の個人的ブログということで

好きに書かせてもらえるから、やはりここに戻ってきました。

今日は、つぶやかせてください




(最近悩んだこと)

最近、いろんな方面からの仕事が増えて

周りの方から労りとご心配の声をいただく事が多くなりました。

「仕事を選んだほうが良い」

「何もかも引き受けない方が良い」

「専門を見極めたほうが良い」



(鳥海山と白鳥と列車  画像:FB友達より)


私のことを心底知ってくれている人ならご存知ですが

私は、まるで 「子供のようにバカ正直だ」 と言われております。

裏表がわからず、時々冗談もわからず本気で驚きます。


ですから、

まず人の話は素直に聞こうというのが私の心象第一ステージです

「そうか、いけないのか・・・いろんな事をやるのは」と

考え、悩み、行動を変えてみようと思い。。。しかし、なんだかサイズの

合わない服を着せられているようで・・・・。



(深夜4時まで頑張った土曜のデスク)




「なぜ、一度にいろんな事をやっちゃいけないんだろ?」

専門を極めることも重要です。

禁欲的にならねばいけないということも聞きます。


でも、人それぞれだと思うのです。

一度しかない人生、自分のやりたいようにやるのが良いって決めたので

それをモットーとして生きています。


大丈夫、自分の限界を見据えながらやっています。

でもね、限界って超えるとまたその先に広がっていくんですよね~

それを経験すると、その快感がたまらないです。

「去年よりもっとできるようになった!」って



それに、いろんな分野のことを手がけると

いろんな分野の人とご縁ができて、

あそことここを繋げば、すごいことが実現する!って

見事につながった時の脳のドーパミンの放出量ったら!



ということで、やはり、依頼が来た仕事はできる限りお引き受けしようという

姿勢はやめられないと決めた今日でした。




(遊佐町 丸池さま 画像:FB友達より)


明日、その新たな分野の講師を務めます。


観光農園の未来を語る・・・・・・。という内容のもの。

お陰さまで、いっぱい勉強しました。


新たな分野の講演です。頑張ります!


(今日のトーンは大学生のようですね)




  


Posted by ひろぴ at 22:19Comments(2)

2015年10月13日

なぜだろう

早いものでもう10月、今年度も半分を過ぎましたね

皆さんは如何お過ごしでしょうか

私の2015年度上半期は、とにもかくにも「勉強」の二文字でした

10月末に控えた資格試験のため、勉強を始めたのが4月。

大学教員としての仕事と今年入学した大学院、そして「酒田おもてなし隊」をはじめとする

大好きな地域活動と各種講演をしながらの、受験勉強。

秋以降は可能な限り「起きてる時間はずっと勉強」といった日々を過ごしています。







そんな中、自分に課した勉強量を達成したので昨日は久々に映画を観てきました。

50歳の聡明な女性、大学教授として言語学を教える主人公が若年性アルツハイマーに罹患し

記憶を失っていくその生き方を描いた「アリスのままで」という映画。



一般的に人は「死」を恐れるといわれている。

その関連から「老い」を恐れる人も多いのではないか、なぜ、人は老いを嫌がるのだろう?

そんなことを考えました。









赤ん坊の誕生から子供の成長は、誰もが喜ぶことです。

それはなぜか

「出来ることが増えていくから」

その反対で「老い」が嫌がられるのは

「出来ていたはずのことが一つずつ出来なくなっていく事実を

目の当たりにするから」なのではないか。




「アリスのままで」は、まだ若く聡明な主人公が来ないことが増えていく自分

無能になっていく自分と葛藤する苦悩の姿が描かれていました




できていたはずのことが、一つずつ出来なくなっていく

人は言語によって思考を構築し

言語によって相手に伝え

言語によって関係性を作っていく生き物

それが、記憶を失い言語を失っていく

体は機能していても、人として生きていけない



それがどれだけの苦しみなのか



言語というものの重みを考えさせられ

無能になっていくということの意味を突きつけられました


今勉強しているのが、日本語教育学で言語を使っていく分野のことであり



伝えるということ

言語を使うということ

関係性の中で人は生きていく動物だということ

出来ていたはずのことができなくなっていく恐怖



いろんな事を考えた時間でした


でも、私なりに出した現段階の結論は

「老い」は生まれた時から始まっているが

やり方次第で、決して忌み嫌うものでもなく

逆に、知識と経験からの引き出しがたくさん自分の中にあるだけ、豊かな生き方を

作り出せる


そして、それは、都会より自然がいつも目の前にある地方という環境の方が

好都合ではないかと思いました。








なぜなら、こんなに辛い受験勉強も

ふと空を見上げると美しい鳥海山と広い空、悠然と流れる雲、最上川。。。。

その色を変え季節を伝える庄内平野一面の田んぼ


これらが私に力を与えてくれているからだと痛感するからです。


さて、勉強に戻ろ!

では、また





  


Posted by ひろぴ at 11:58Comments(2)

2015年09月17日

講演のお知らせ


本当にご無沙汰しており申し訳ないです。

やはりiphoneにしたために、SDカードがなくて画像を取り込むのが

ちょっとひと手間なのが更新しなくなった原因だなと言い訳しています


今度、公開で講演する機会があります

主催関係者が、あちこち動員してくださっているようなので

申し訳なくて、私も自分で告知しなきゃと思いました。

9月19日、鳥海山が美しく見える遊佐町の新しい施設「稲川まちづくりセンター」で

ジオパークは地域にどう活かされるかというようなお話をします。




連休の初日だし、秋の庄内は本当にイベントだらけなので、どうかな~とは

思うのですが、15:00から、良かったら会いに来てください。





庄内に移住して6年目となり、いろんな事がありますが

先日、山形アフターDCのクロージングの日、

きらきらうえつの列車に乗り込み、産直列車のお手伝いということで

刈屋梨販売員を務めました。






そうしたら、なんとその時!kao18乗客の方に

「ひょっとして、ブログ書いている人ですか?」と言われ

「読んでますよ」と有難い言葉をいただき、感激しました。

首都圏在住の某新聞社の肩書きのある方だったのですが、

やっぱりブログ書いてて良かった!ってその時思いました。



      (おもてなし隊の隊長はしょうゆの実を完売しました)


今日10月号の農村通信の原稿を書きました。

今回は、地方創生について、ちょっと一言書かせてもらっています。

ブログって、私のものだから、好きなことかけていいな~。

これからも頑張ろう!

  


Posted by ひろぴ at 08:00Comments(0)

2015年07月22日

観光演習公開プレゼンテーション


私は現在、大学で観光演習のクラスを2つ担当しており

(日本語で伝えるクラスと 海外を視野に入れた庄内の観光を考えるクラス)


前期も今月末で授業も終わりとなるため

集大成として24日(金)に学生による公開プレゼンテーションを開催します。



大学に着任して、私が驚いたことの一つに

学生たちは若いアイディアで良いものを提案しているのに、私は全く知らなかった。

たとえば、二次交通というバスの運行に関して。



学生で提案されているアイディアがあったと知り、もったいないと思いました。



そこで、私が担当するクラスでは、広く地域の大人の方に見ていただき

足りないところをアドバイスしてもらい、できればアイディアを実現する方策を

教えていただきたいと思いました。



今度の公開プレゼンは、庄内のみならず内陸からも観光関係者の

プロの方たちがアドバイザーとして来てくださいます。



私は、ぜひ審査員として講評いただこうと思っています。


学生には「頼むよ~みんなは私の教え子だからね~」とプレッシャーをかけています。


大人の方たちが忙しい中、時間を使ってくださるのです、学生は最高のものを

プレゼンしなければなりません。


でも、締め切りの木曜に資料を提出したら

当日、プレゼンを控えた学生にはこんな言葉を贈ろうと思います。

「観光は、楽しむことです!みんなここまでよく作り上げました。あとは

思いっきり笑顔でプレゼンしましょう!」と。



なかなか、良いものができつつあります。

24日が楽しみです。


24日(金)13時~15時。大学104教室です。

どなたでもご覧いただけますので、ご都合つく方は、遊びにいらしてください。




  


Posted by ひろぴ at 15:00Comments(2)

2015年07月21日

ご無沙汰しております


本当に、最近書けなくなって、自分の中で

モヤモヤしていて、でも、こんなに放りっぱなしのブログにも

昨日も今日も見てくれている人がいるなんて




その62 という数字が嬉しくて

今日は久々に書いてみました



実は、地方創生ということで

「ひと・まち・しごと有識者会議」というものに

庄内町と酒田市からお呼びいただき感謝でいっぱいなのですが


でも

でも

でも

違和感があるのは私だけでしょうか


地方は、ずっと自分たちなりに考えてやってきている


さあ!このままだと消滅するよ

さあ!予算つけるから何か考えて




そんなに簡単に解決するならとっくにできてるよ


それより、何かをするというのではなく



これからの日本をどう作りたいのか

これから地方の町は、どんな街にしたいのか

やはり、未来図を描くところから始まると思うのですが




今日は、ちょっとだけ

つぶやきました

画像なくてすみません

  


Posted by ひろぴ at 22:15Comments(0)

2015年05月01日

大学院生になりました



なんと

私は4月4日に入学式に出席しました。

息子と娘の入学式を終えたこの歳になって

出席したのは、自分の入学式!

現在、東北公益文科大学大学院生として

勉強する日々がこの春から始まりました。






もちろん、大学で授業を教員として指導し、

地(知)の拠点整備事業の仕事をしながら

そして、今年より国際交流センター担当教員を拝命し

留学生のお世話をしながら

また、秋から来る留学生に日本語指導することが

決まったので

きちんと指導資格をとるために

通信講座で日夜問わず勉強しております。

今年は勉強の一年とする機会を頂き

大学の皆様に感謝の想いです。

勉強すると自分の足らざる所が

ますます見えてきて、もっともっと勉強したくなります。

今年は山のように本を読む事が出来

というか、読まなきゃいけない窮地に置かれて

大変有り難いです。

私も怠け者で

義務になりギリギリにならないと重い腰が

上がらない人間なので


こういう窮地は有り難いです。

今年は秋から山形県の寄付講座として

アジアビジネス講座が開講されます。

アジアの歴史や文化

ビジネスコミュニケーション

アジア経済

アジア人材育成などなど

今から楽しみです。

秋入学制度もありますから

私の同期生になって共に学友として

学んでくださる方!大募集です。



  


Posted by ひろぴ at 08:00Comments(2)

2015年04月29日

酒田にレトロバス!


昨年、酒田おもてなし隊として活動していたとき

観光客の方に、ちょうどよいバスをお伝えできない残念・無念さがありましたが

なんと!4月29日から酒田市内をレトロバスが走ることになりました!



13:07で酒田駅に到着する「特急いなほ」に合わせた時間での運行

庄内のうま~い魚を食べることができる海鮮市場にも行き

最上川を渡り土門拳写真記念館にも行きます!

これを待っていました!

これを恋焦がれていました!


そして、なんと簡単なアンケートを記入すれば乗車料金は無料


1年間土日休日運行です。

酒田に来てぜひレトロバスを利用して楽しんでください





もう一つ

5年住んでようやくわかってきた

酒田が酒田らしさに輝く日

その一つが「酒田まつり!」 5月19日~21日まで開催されます

日和山公園のそばにある、日枝神社から中町まで350の屋台が並びます

街が活気にあふれ、太鼓や笛などのお囃子が流れ

ブラジルにいた頃、リオのカーニバルが近づくとあちこちでサンバの音が流れてきて

街がウキウキしてくる

なんだか、そんなウキウキした感じが伝わってきて

楽しくなってきていますよ







平泉から徳尼公と共にやってきた方たちが酒田の祖だということで

酒田まつりには、開始セレモニーに必ず平泉町長がいらっしゃていました

そういうところにも感動しますよね~


皆さん一緒にウキウキしましょう!
  


Posted by ひろぴ at 21:29Comments(0)

2015年04月19日

列車いなほの旅

いなほで東京に向かっています

先日「酒田市民おもてなし隊」発足式で

参加を表明してくださった「チームなでしこ庄内」の女性が

仰った意見に気づきを頂きました。

彼女はこう話しました。

早く移動したいなら飛行機利用を選ぶでしょう。

しかし、列車での移動を選ぶ人は、

移動と言う手段としてだけではなく

そこに何かを求めて選択していると思います。と

私は、列車いなほか好きです。

初めて庄内にいなほで来た時

車窓に飛び込んできた日本海の美しさ

庄内から帰るとき、車窓から眺めた

日本海に沈む燃えるような夕陽

40分くらい?延々と日本海を眺めていられる

その時間が好きで

私は列車いなほを利用しています

お客さんがそこに何を求めているのか?

移動手段プラスの付加価値

最近私は

複合価値という言葉を頭の中で考えています

この言葉はあるのかないのか?

私の造語なのか?わかりませんが

これまでの社会では

予想もしなかった業種がコラボする

そこに付加価値か生まれてくる

人口が減ってゆとりある社会をつくるには

この、予想だもしなかった業種か繋がること

それが、新たな社会への鍵ではないかと

密かに考えています。


  


Posted by ひろぴ at 08:00Comments(2)

2015年03月21日

テレビ放送のご案内


大学に着任して1年と1ヶ月が過ぎました。

そして、5年前の明日3月22日は私が庄内に引っ越して来た日で

ちょうとまる5年在住となります。


5年の間に、庄内町観光協会、ホテルリッチ、そして大学に仕事をいただいておりますが

今年度は地(知)の拠点整備事業という文科省の事業に採択されたことで

特別任用講師としてこの事業を遂行するために採用いただき、学生と

たくさん楽しいこと、大変だったけど走り回ったこと、いろんな思い出がたくさん

出来た充実した一年となりました。







私はこの事業の「発信・アーカイブ部会長」なのですが

大学におけるこの事業の取り組みを特集したテレビ番組を作り

放送することになりました。


3月22日’(日)16:00~

3月29日(日)14:00~


いずれも山形放送です。

22日は飛島や八幡地区の防災や起業家育成の庄内経営者塾を中心に

29日は我らが「酒田おもてなし隊」や「山塾」の活動も取り扱ってもらっています







酒田おもてなし隊、隊長は今就職活動でスーツ姿となっており、青いポロシャツを着て

スケボーに乗って活動していた頃を懐かしく思わせますが

1年後の卒業式は、きっと親のような思いで彼らの姿を眩しく、そしてちょっと

寂しく見つめるのだろうなって思います。





  


Posted by ひろぴ at 21:47Comments(0)

2015年02月03日

槇島ほうきテレビ放送

皆様に応援して頂きここまで来た

槇島ほうきですが、山形のみのテレビ放送を

県外からお越しくださった方に


見ていただくことが出来ず

残念に思ってましたが


なんと、こんなサイトを見つけました!

見てみてください!

http://m.pandora.tv/?c=view&ch_userid=jpchan23&prgid=43370595  


Posted by ひろぴ at 08:37Comments(2)

2015年01月30日

講演


お陰様で、数えてみたら昨年は32回くらい講演させて頂きました。

今年も既に講演のご依頼を頂いておりますが

最近は庄内だけではなく

内陸からもお声がけを頂き

我ながらその展開に不思議な力を感じます


2月1日には

尾花沢で開かれる女性の集いに

お招き頂きました。

こちらがチラシです

http://www.city.obanazawa.yamagata.jp/5712.html

5日は山形市で観光アカデミーの講師

山形の観光では大変重要な位置を占めるアカデミーだそうで

私で良いのかしらぁ?と


でも、毎年毎年、新しい事にチャレンジしている日々

実は、

どうしよう〜…>_<…


なんて人には見せないけど思ってたりして

出来るかなぁ?

やれるかなぁ?

なんて思ったりして


そんな時は

日帰り温泉に言って

頭を空っぽにする事で

立ち向かう勇気を仕入れています



とことん行ったら

よし!楽しもう!と

そう思うことにしています


このブログだけは

一個人としての思いを綴りたいと

そう思うようになりました


観光協会の時は

観光PRのためにと始め

ホテルに移ってからは

営業に使わねばならないとはいえ

どうしても、そうなれない自分に悩み

今は大学の先生と言う立場になり

先生として、と言う場が多いので

せめて、このブログは

一個人として思いを綴りたいと思います

グダグタ書くときもあるでしょう

読み飛ばしてください


2月号の農村通信寄稿文、良かったねってメールが来て

嬉しかったです

メールもらった時、何書いたっけ???

実は忘れてました

そうそう、酒田市図書館報も今月掲載です

酒田市の広報3月号に載せる記事を

今日書き上げました


大学の先生って

書く機会が本当多いですね


小学校の時、指導してくれた先生のおかげです

今夜はこんな感じで

  


Posted by ひろぴ at 23:13Comments(0)

2015年01月29日

町づくり会議「鍋の会」


ずいぶんご無沙汰してすみません。。。

現在いろ~んなことを同時並行で走っております

ひつじ年でもやはり走り続けて


さて、今日は私がとっても楽しみに仕事を忘れて盛り上がっている企画

「鍋の会」のお知らせです

これは、9月に酒田市民大学講座の講師を務めさせていただいた

事から始まりました

とうぜん、講座だけで終わるような先生ではありません

最終回には各自がプロジェクトをプレゼンする所まで持って行きます!と最初に宣言

みなさん、とても活発に意見をあげてくださり

実際にいくつかプロジェクトが動きだそうと仕込中ですが

その中の一つが、この鍋の会です




市民大学講座に参加していた公益大3年門脇昂祐君が企画を立て

「まず、市民と行政と学生が垣根を越えて一つの鍋を囲んで、町づくりを語り合おう

それぞれの夢を語り合おう」というものです




11月の1回目は呼びかけも限定されていたので19名でしたが

当日大変好評で

また、先日大学で行った地域課題解決フォーラムの場で彼が行ったプレゼンでも

大変高い評価を頂き、2月8日は参加者もぐんと増えます


実は、12月に私が講師をさせて頂いた雇用創造協議会主催の

観光セミナーに参加した方たちも、終了後もラインでチームを作り

定期的に会っては自分ができることをやろう!と語り合っています



なんと、「まずは中原浩子応援隊になろう!」と言ってくださり

有難いことです


このチームの中からも数名鍋の会に参加してくれますので

愉快で楽しい、そして夢や構想がいっぱいの会合となると思います



どなたでも参加できます

まだ始まったばかりですし都合の良い日に来れる人が来る


来るものは拒まず、去る者は追わず



今回は4種類の鍋を考えてます!と先月門脇君が言ってましたが

どんな鍋になるのか?

準備の都合上、2月6日が締め切りとなっています

7日にきっと門脇君と仲間が自分たちのお金を立て替えて

リストを見ながら買い出しをするのだと思います




ここから生まれる町づくり。。。。。

学生が主導となる町づくり。。。。。


なんだか、嬉しいですよね

  


Posted by ひろぴ at 17:18Comments(1)

2015年01月16日

地域おこし協力隊募集!

遅くなりましたが

新年、
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m


まず、第一報は

庄内町の地域おこし協力隊募集のお知らせです


http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/search/detail/10802


なんと、庄内町に道の駅を作る構想があり

その企画にぜひ参画してもらいたい!とのこと

もちろんその企画だけではなく

いろんな場面で庄内町のあったかい人情に触れる機会が


たくさんある事と思います

地域おこしは

地域の人と知り合いになる所からですから

町のために来てくれた!となれば

私を最初に迎えてくださった時のように

町中の人があったかく迎えてくれるとおもいます

移住希望者には、よい足掛かりになる

願っても無い企画!

なのに、まだ応募がないそうです

この企画、私も、周りの誰も知りませんでした

勿体無いので、ぜひ移住希望者に届けたいと思いブログに書きました

仕事も家も車も用意され

歓迎されて始められる移住体験

ぜひ、これは!という方がいらしたら

声かけてくださいm(_ _)m


  


Posted by ひろぴ at 08:43Comments(0)

2014年12月27日

年末ですね


12月27日って、、、皆さんにはどんな日ですか?



私には記憶に残っている日なのです

ちょうど去年の今日、ホテルリッチを辞職しました



そして、ちょうどこの日、鳥海やわたインタープリター協会の方と

お目にかかり雪山を連れて歩いてもらいました






1年が経ち、

「自然保護と共存する観光 ~地域と取り組む新しい観光の形~」

というテーマで応募した研究が大学の審査を通過し

大学内で研究として取り組ませていただいています






研究の一環で

長野県飯山市の「信越トレイル」や

新潟から長野に続く「塩の道トレイル」に出かけて

その取り組みや運営方法を学んだり






山岳観光の現状を調査したり


鳥海山に誘われて移住してきた私としては

本望というか、夢のようというか

そんな嬉しい充実した1年、いえ、まだ10ヶ月







多くの方に出会って

多くの方に優しさをいただき

多くの方に応援していただき

何より

学生と出会い、その学生が目が輝いていく姿

一緒に燃えた夏のDC






記憶に残る1年となりました


あと今年も4日



大学の先生って、ゆっくり本を読めるのかと思っていましたが

土日もなく、いつ休んでるのかわからないそんな日々でした



あと4日で今年も終わります


とはいえ、今も来年の槇島ほうきの飛躍的活動に向けて

パソコンに向かっています


明日は、グリーン期の庄内の観光について

首脳会談を行います ^ー^



毎日充実した楽しい日々を送らせていただけるのも

みなさんのお陰だと庄内の方、山形の方、そして

山形県外から応援してくださるみなさんのお陰だと



心より感謝もうしあげます


今年一年も、たいへんお世話になりありがとうございます






また、来年ももっともっと皆さんと充実した時間を作って行きたいと

思います







  


Posted by ひろぴ at 23:03Comments(2)

2014年12月25日

地域課題解決フォーラム 実施


12月20日、21日に「地域課題解決フォーラム in 庄内」を開催しました






私が大学に職を頂いたのも、文部科学省事業

「地(知)の拠点整備事業」に採択されて、地域活性化のための

事業を大学が地域と一体となって行うためであり

今年の一番大きな事業がこのフォーラムでした





実施開催にあたっては当初様々な意見が学内にもあり

もちろん心配からの疑問の声、反対の声もあるわけで

でも、当日300名を超える多くの方のお越しいただき





よくある動員をかけられたから仕方なく来た。。。と言う催しも多いとは

思いますが

アンケートなどでも、概ね「良かった!」というお声をいただき

会場でも積極的に発言して下さり

熱意のこもった表情の皆様を見ると






この9ヶ月試行錯誤でよくわからない中、でも進めてきて

良かったな~と

少しだけ達成感を感じさせてもらえた時間でした


午前は松本大学住吉学長の基調講演

その後、遠方からお越し頂いた各大学のパネリストによる

ディスカッション






午後は、6つの会場に分かれて市民・学生・教員による

実践報告



私の会場セッション4は、

「外国人おもてなし隊」(学生)





「酒田おもてなし隊」(学生)

「ひろまるデザイン」(市民の方)

「公益社会演習 加茂地区の取り組み」(大学院生)

「鍋の会」(学生)

の発表でした

大学院生以外の学生は私が日頃一緒に取り組んでいる子達で

市民の方は、これもまた私がお声がけしてぜひプレゼンして欲しいと

お願いした方です


また、私がぜひ聴きに来て欲しいとお願いしたところ

JR酒田駅長はじめ社員の方が7名もきてくださいました




駅長には「制服を着て来てください」なんてお願いをして

土曜日なのに、制服着用できて下さり大変ありがたかったです



お腹をすかせている学生に全国で言う「今川焼き」

山形では「あじまん」と言いますが、その差し入れもあり

いつも本当にありがとうございます



次回から、このプレゼンの発表をブログにあげたいと思っています





======santa===santa===

今日は25日

千葉にいるときは、ハロウィンやクリスマスと言ったことで

パーティをしたり飾りつけをしていました

庄内にきて1年目。。。ハロウィンもクリスマスもほとんど関係ない

ことに驚き。。。2年目は疑問に思い、3年目は何とかならないかと思い

4年目はそんなもんかと思い、5年目の今年は日本人だものね、、と

疑問に思わなくなりました

それより、大黒様のお歳夜、、大晦日の松例祭にまだ行けないことが

気になっています



風土が人を作る


今朝は雨でicon03暖かいかと思ったら

1時間前にicon04雪が降り始め、あっという間に一面真っ白

でも数分前に明るくなってicon01

でもまた今吹雪になってicon04



いろんな事が起きるけど、じっと待っていれば春が来る

少しはそんな人間になれるかな?

昨年の12月27日にホテルを辞職した日から

そろそろ1年が経過する今日、充実して走りまくった

2014年を思い返しています




  


Posted by ひろぴ at 11:02Comments(0)

2014年12月16日

東北電力


13日(土)朝、起きたら停電!kao17

この日は、朝から槇島での会議enpitu2~午後から夜は鳥海山プロジェクトの

仲間との会合の予定が続いていたので、特に気にせず

「きっと帰る頃には復旧してるだろう、、昨夜はicon04風雪がicon05強かったからな~」




すべての会合を終え、雪の降る中「さっぶ~」とf01夜10:30に帰宅し

玄関の電気をスイッチオン!icon16



なんと 何も点かないkao17

近所はみんな電気付いているのに・・・・・kao10


たまたま電気代の請求書があったので、停電の場合のお客様センターに電話をかけてみたところ

どうも、我が家だけ停電の模様

ブレーカー上げ下げしたって、なんの反応もなし





そうしたら、23時になって東北電力の方が来て下さって

雪が吹き付ける中、家の外、電柱にも登り調べてくれて


どうも電線が家に入る所に問題があるようで

応援をもう一人呼びますから待っててくださいって




何度も懸命に調べてくださって


時計の針は日付が変わり

「寒くて大変でしょうから、明日でもいいですよ」と言ったら

「いえ、もう少しやらせてください、温かい所でお待ちになってください

申し訳ありません」って言ってくださって






また雪の中に走り出て行き

なんとか1時頃、家に明かりが灯る状態にしてくださいました



帰る時も「何も温かいものが出せなくてすみません」って言ったら

「いえ、ご不自由おかけしました、すみませんでした、点いて良かったです」と

笑顔で



たまたま、その日千葉から庄内65回目の訪問となる友人が来ていたので

彼女いわく

「笑顔が素敵ですね」

「普通都会では、この状況であの笑顔はまず無いですよ」と



電気のない不便を感じ

東日本大震災の時、被災者の方はどんなに寒かっただろうと思い






電気がicon12当たり前のように点く有難さを知り





そして、責任感あるicon21仕事を実直にする姿に

職人魂と庄内の人の心icon12を見て



寒くても心から温かい夜になりましたheart




現場の人はこんなに頑張ってくれている

それなのに、会社とか組織になると批判する事が日本人には、いや、人には多いような気がします

一人一人は良い人なのに

何人だから。。。どこどこの人だから・・・。


なぜ一まとめにして総括して、批判して納得しようとする癖が

人にはあるのでしょうか?

国という形態がいっそ無くなれば戦争もないのかも

宗教と言う枠組みが無くなれば戦争もないのかも

最近選挙がありましたが

政党という枠組みが無ければ、もっと違った政治ができるのではないか

そんなことを考えた夜でした




  


Posted by ひろぴ at 08:00Comments(4)

2014年12月15日

災害が起きたら!






実は、酒田市消防団の方と春にご縁を頂き

1度学生と交流会を実施したのですが

広島の災害、御嶽山、阿蘇山、数時間前まで滞在していた白馬村

様々な災害が身近に迫っていて

そんな時、自分が対応できるだろうか?と思ったら

私にはなんの知識もないし学校でも教えてもらってこなかったな

地域活動もないので、無知なままの私であり


学生も、まずは自分の身を守れる人になってほしい

自分の命くらい自分で守れる人にならねば地域に役立つ人材なんて程遠いのでは



と言った思いから、4回シリーズ「命を守る」と言うタイトルで防災知識を身につける

講習を、酒田市危機管理課・酒田地区広域行政組合・消防本部警防課の皆さんの

ご協力のもと、開催して頂き3回まで終わりました






初めてAED操作法を教えて頂き

なんと、交通事故死よりお風呂で亡くなる方が多い事を知り

図上訓練では、水平方向に逃げるより垂直方向に逃げる方が

水害の時は早いこともあると教えてもらい



酒田市は津波が起きたら陸側にと言うことだけではなく

最上川や新井田川などがあるので清水屋のある中町に逃げることとか



本当に様々教えて頂きました


そして、今度12月23日には

日本中を結んで1000人のクロスロードという取り組みを実施するお知らせが来ました







「○○の時あなたはどうしますか?」と

シュミレーションしていくような、実体験できるようなものだそうです



今日は、

まだ、定員に余裕がありますので

ぜひ参加してみませんか~?というご案内のブログです
  


Posted by ひろぴ at 15:56Comments(0)

2014年12月07日

ケヤキキョウダイ



山形は雪景色となりました



(12月6日の最上川の雪景色です)


雪は嫌い、冬は嫌いという方が多いですが

私は、雪化粧した景色を見ると、ホッとしてkao6心が落ち着いてきます





確かに庄内は風が強くicon05吹雪に見舞われるときは「きびし~な~」とは思いますが

でも、待っていればいつかはこの「吹き」も止むのです

小説月山で「吹きが止むとき・・」というものがあり、このイメージがわかるようになったなと






今日7日は、鶴岡市温海の浜中集落一日研修会に講師としてお招きいただきました


(温海浜中公民館にて)



ここは、なんと

なんと

なんと、

あの「ケヤキキョウダイ」の土地なのですgirl







私は、移住した頃、何かの雑誌でこの「ケヤキキョウダイ」のことを読み

驚くとともに、それを今も伝えているところに感激し

感服したのです

その浜中にご縁をいただけるなんて、とっても嬉しくこの日を迎えました



ケヤキ、、、、欅と関係あるのかと思っていましたが

「契約」が「ケヤキ」になったのだそうです






浜中のケヤキキョウダイは、集落の女の子12~13歳の子が

12月28日に藁のくじを引いてケヤキキョウダイの契を交わす

大晦日にはひと組の布団に一緒に寝て、新年を迎える

くじ引きでケヤキキョウダイの契を交わしたものは、結として、結婚の時

お産の時など助け合い生涯わたって交際を続ける。。。






詳しくはネットで見ていただくと良いのですが、

江戸時代には始まっていたそうです

この習俗が今も続けられている・・・すっごいですよね~

も~こういったものに出会うと、「庄内最高!」って胸が高鳴るのです

貴重な資料や本を貸していただきました

ずっと思い続けていた人に会えたような、

とても感動の出会いですheart




冬場に男性が出稼ぎに行くことから始まったのではないかと想像していましたが

浜中の男衆は「大工」としての技術が高かったとのことで

自治会長の口からも「東京大工」「大阪大工」「北海道大工」といった

固有名詞がポンポン出てきました








「ケヤキキョウダイ」は浜中地区の人だけで代々受け継がれてきた習俗ですから

もちろんそれは、大事に守りながら



違ったレベルでそのような結をよその人と結ぶことは

できないかなって思ったりします



山形の温海の浜中というところに、神様に結んでもらった姉がいるのよとか

妹がいるのよと言うような繋がりって、

私には姉妹がいないので、そんな人がいたら嬉しいなって

特に都会にひとりでいたら思うだろうなって感じるのです



あっ、そうそう、自治会長から

空家があるから、ぜひ住んでくださいとも言っていただきました

移住したい人、いかがですか??








それから、今日は驚きの庄内言葉を教えてもらいました

庄内では

「食べる」→「く」

「食べるか?」→「け」

「Let's eat」→「こ」というのは学んでいましたが

ここ浜中では、そう言わないとのこと

「け」→「ふぇ」というそうです

「く」は「ふぃ」なのかな???確認しなかった

Fの発音だそうです


本当に奥の深い庄内・・・魅力は尽きません・・








  


Posted by ひろぴ at 20:33Comments(2)

2014年12月06日

農村通信



12月4日創刊67周年記念農村通信読者交流会に

講師として参加させていただきました。




場所は、酒田のベルナールという宴会・婚礼会場、約120名の参加者さん


会場に入ったらサービススタッフが見たことのある顔で!kao17

いつも見慣れている学生が颯爽と制服を身にまとい

サービスする姿に、彼らの頑張りを誇らしく思いました

社長インターンシップを担当した学生は「中原先生」ってちゃんと膝を曲げて低い姿勢で

あいさつにきてくれました。




さて、農村通信という雑誌は、農業専門雑誌ですべての記事が農業のことのみなのです

私はこの雑誌に昨年より隔月で連載を書かせてもらっているのですが






初めて読んだとき、「農業の記事だけで毎月、しかも67年も続いているなんて!」と





この雑誌は

庄内における農業のバイブルのような存在なのだと購読者から教えてもらいました






4日は、創刊67年を祝う式典ということで

67年前というと、1947年。なんと農地改革が1946年から1950年

まだ日本はアメリカ占領下で、脱脂粉乳をアメリカからもらった年

新憲法が制定された年という、その時に発刊し、ずっと続いている



すごいな~とつくずく思います


そんな雑誌に、今月書いた私の記事のタイトルは

「ふなっし~から学ぶこと」






ふざけてるのか!という声が聞こえてきそうですが

そんなことないのですよ~

もし良かったら、ご購読くださいkao3


農業に興味のある方、この本は素晴らしい指南書となること間違いないです!




私は専門用語に丸をつけて、ふむふむ「なんて読むのですか?」なんて聞いていました



講演は皆さんからお喜びいただけたようで、その後の交流会でもたくさんの方と

親しくお話をさせていただけました


「あなたにと思って」と稲で作った素敵なポプリをプレゼントにお持ちくださった方もいらして

なんと、これは装飾用の稲というものだそうです





紫で素敵な色でした

持ち手の部分はラベンダーで編んであって

本当に農家の方の手はいろんなものを生み出す手だと尊敬します




早速、翌日にちょっと寄りませんか?と

梨農家さんからメールが入りたまたま近くに行く用事があったので

遠慮なく伺ったところ

シルバーベルという12月にできる洋梨を試食させていただき

う~ん!すっごく美味しい!

しかもこんなに大きいなんて





ドバイに売りましょう!と叫んでいました

「昨日の講演を聞いてちょっと思ったんだけど・・・と

来年、体験観光にご協力頂けるお話をいただきました


さてさて、これをどこにどうつなごうか??kao2


人と人のご縁を頂き、つながることでドンドン輪が広がり

いろんな事が起きてくる

それを以前は奇跡だと、魔法のほうきだと思っていましたが

最近は、そう思わなくなりました




知識と力のある庄内人とご縁を頂ければ

それは必然なのだと・・・・・



面白いほど、人と人がつながり事が成っていく

生きているって面白いなってつくづく思います





7日は温海の浜中で講演、

また新たなご縁に感謝です












  


Posted by ひろぴ at 08:00Comments(4)